応援いただけると幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスカウンター


フリーエリア


交互リンク


管理人HP


フリーエリア

FC2 Blog Ranking http://blogranking.fc2.com/in.php?id=161749


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:人付き合い
嫌いな人 Ver.2

前回のブログで嫌いな人って?というテーマで嫌いな人への接し方考え方を紹介させていただきました。
今回はさらに嫌いな人についてを考えてみたいと思います。

まず、第一印象でこの人とは合わないかも?と自分が思った場合、相手も同じようにやりにくい人だなって思っています。
このような出会いの回数を増やしていくと完全に嫌いな人へとなっていくのです。
大抵こちらが嫌いな人は、相手も自分のことが嫌いなことが多いのです。

けんかするほど仲がいい という言葉もありますが、
本当に仲がいいひとと、嫌いな人は紙一重な部分ももちあわしているのです。

好きな人と同じ時間くらい嫌いな人のことも考え、よく観察しているものです。嫌いだからこそ、いろいろ目が行き届いてしまうのです。

こういうときこそ、その人のいい所を見るようにしましょう。
なんといっても、自分も完全な人間ではないのだから。

人間の生き方の中で、法律に触れるような非人道的なこと以外については、なにが正しくて、間違っているかを定義ずけるのはとても難しいものです。
そのときには、みんなが間違っていると感じたことでも、いつか正しかったと思わされる日がくるかもしれません。
間違っているの定義が、多数決意見となっている場合も多く、それでは新しい発想や大きな進化が望めません。
みんなが考えもしないことを実行することで、
おおきな進化をすることができるのです。

しかし、大勢の人は急激な環境変化を嫌う傾向にあります。
特に日本は鎖国時代を経ているように、人種も限られています。
多国籍化した現代でさえも、まだまだこの考え方は根づよくあると思います。

そんな大きな環境変化を求める人に共感できるときには、尊敬する人ととなり、共感できない場合には嫌いな人となっているともいえます。
もともと自分と同じ考え方の人は嫌いではなく、仲がいいはずというのが根底条件ですが。。。

共感はできなくても、そんな考え方もあるんだなっという広い心で接することで、この人は嫌だと決め付けないで接していくことで、嫌いな人の人数は減らしていくことができるはずです。
スポンサーサイト

テーマ : こころ - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © Life ~楽しい毎日を考える~ all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。