応援いただけると幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスカウンター


フリーエリア


交互リンク


管理人HP


フリーエリア

FC2 Blog Ranking http://blogranking.fc2.com/in.php?id=161749


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:考え方
・運動の後に疲れを残さないためには

 運動を行った後に疲れがどっとでてしまうことや、次の日まで疲れが残ってしまうときがあることでしょう。
これは運動の行い方を少し変えるだけで、取り除くことができます。
ちょっとした気遣いで疲れを残さなくすることができるのです。

 激しい運動などを行った際には、血流が増加しますが、急に運動をやめてしまうといままで順調に流れていた血流が酸欠状態になってしまいます。
これは酸素負債という現象であり、運動しているときには酸素を余分に使っているのですが、急にやめてしまうといったん血流がとまって再び流れ出すという現象と同じことが行われ、
過剰な活性酸素が発生されています。

 野球のピッチャーも登板した翌日は肩が上がらないほど疲労するといいます。これは投げ終わったあとに急にやめてしまうから起こる現象であり、
投げ終わった後に軽いピッチングを行って少しずつ血流を落としていけば、それほどひどい疲労感は残らないはずなのです。
 
 運動を行った後に急にバタンとやすんでしまうのではなく、翌日に疲労感が残らないようにゆっくりと運動をやめていくことが重要なのです。
スポンサーサイト

テーマ : 美容と健康 - ジャンル : 心と身体

コメント

そうなんですよね。

運動の後に体をちょっと動かすとかえって回復が
早くなるんですよね。

運動はしなくっちゃね!

イヴォンヌ さんへ

こんばんは、コメントいただきましてありがとうございました。
そうなんですよね、少し不思議な感じもしますが、
私自身もこれを実施するようになってから回復が早くなりました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © Life ~楽しい毎日を考える~ all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。