応援いただけると幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスカウンター


フリーエリア


交互リンク


管理人HP


フリーエリア

FC2 Blog Ranking http://blogranking.fc2.com/in.php?id=161749


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:考え方
・激しい運動は25歳までに

 肥満ぎみとなってしまったらどのようにしたらよいのでしょうか。
脂肪を取りながらも健康になるためにはの記事の際にも紹介させていただきましたが、
肥満となる原因としては筋肉量が減ったために起こっているために、筋肉を付ければよいことになります。
しかし、筋肉を付けようとするとエネルギーを必要し、エネルギー消費の際には毒性のたかい活性酸素がでてきてしまうため、
これをしっかりと中和する必要があります。
25歳くらいまでの若い人には活性酸素が発生するさいには、SODという成分が同時に生成され、しっかりと中和することができます。
しかし、25歳以上の人は脳の発育がとまり、SODの生成・蓄積力が若い人と比べて非常に低下してしまします。
 そのため、筋肉を付ける際に体を鍛えるのであれば、脳の発育中の若い頃がもっともよく、若ければ激しい運動による活性酸素が生成されても平気ということになります。
この時期に十分な筋肉をつけて、あとはその筋肉を衰えさせないようにすることが最も重要となってきます。

 しかし、脳の発育がとまる25歳以上の人がもう体を鍛えることができないかというと、決してそんなことはありません。
脳の若さを保つためには、脳内の良性ホルモンを十分に分泌させればよく、良性ホルモンの働きにより活性酸素の毒を中和しながら体を鍛えれば問題ありません。
 したがって、なるべく過激な運動は避けて、脂肪を燃やすためのゆるやかな運動をするといいでしょう。
 ゆるやかな運動であれば脳内の良性ホルモンも分泌されやすく、活性酸素の害も中和してくれます。
スポンサーサイト

テーマ : こころ - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © Life ~楽しい毎日を考える~ all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。