応援いただけると幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスカウンター


フリーエリア


交互リンク


管理人HP


フリーエリア

FC2 Blog Ranking http://blogranking.fc2.com/in.php?id=161749


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:考え方
むかしむかしのお話です。
太陽と風が旅人の服を脱がす競争を行ったときのお話です。

ある日、太陽くんと風くんがどちらが強いのかを競争していました。
太陽くんはギラギラと照りつけるような暑さにすることができ、
風くんはビュービューと暴風を吹き付けることができます。
二人はいろいろ自慢を始めましたが、
お互いに自分が強いとゆずりませんでした。

そんなときに、地上を見渡したときに、
小さな子供とお父さんが小道をあるいているのが目に入りました。

すると太陽くんと風くんは二人のコートを脱がせる競争をはじめました。

まず、風くんが自分の腕前をみせるために、
強い風をふかせました。
すると、子供とお父さんはコートをギュッと握り締めました。
風くんはさらに強い風を吹かせると、
子供のコートは剥ぎ取られてしまいました。

風くんは太陽くんにどんなものだと自慢げにはなしました。
風くんはさらにさらに強い風を吹かせてお父さんのコートも
剥ぎ取ろうとしましたが、
お父さんはコートを固く握り締め、離しませんでした。

風くんは、さらにさらにさらに強い風をふかせましたが、
とうとうお父さんのコートを脱がせることはできませんでした。

すると、太陽くんが風くんに向かって、
僕なら簡単にコートを脱がせることができるよ っといいました。
風くんは息を切らしながら、こんなに僕が頑張ってできなかったのだから太陽くんにも出来ないよ っといいかえしました。

太陽くんは笑みを浮かべながら、
ギラギラと輝きはじめ、地上の温度がどんどん上がりはじめました。

するとどうでしょう。
お父さんは暑さに耐え切れず、自らコートを脱ぎ捨てました。



上記のお話は聞いたことがある人も多いかもしれませんが、人間の心もこのお話と同じなんだなっておもいませんか?

人間は強い人に厳しい口調で物事を言われると、
ハイ っといってしまいがちだと思います。
ある程度仲のいい人や自分より年下の人等にいう場合には、風くんのような方法でも十分に自分の思い通りになりますが、
相手が納得しきれていない事柄や自分より上の人ましてや自分が嫌いな人(相手が自分のことが嫌いな人)等に、
意見を言う際に強くいうだけではなかなか自分の思いがつたわらないこともあると思います。

強く言えがいうほど、かたくなに心をとざし、
否定されてしまいます。

こんなときには、太陽くんのように相手がみずからコートを脱ぐような方向にもっていくことが大切となります。

人間は考えるという能力とともに進化してきました。
したがって、自分と相手の両方に考えがあり、
共同して作業をするためには、
お互いの同意が必要となります。
すんなりと同意を得られるようにするには、
どうしたらよいのかを考え、
一方的に強く自分の意見のみを伝えるだけではなく、
相手の意見をよくきいた上で、
相手が自ら自分の意見に乗ってきてくれるようにすることができれば、
ストレスからも離れることができ、
もっとゆたかで楽しい人生が送れるようになるのかもしれませんね。





スポンサーサイト

テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © Life ~楽しい毎日を考える~ all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。