応援いただけると幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスカウンター


フリーエリア


交互リンク


管理人HP


フリーエリア

FC2 Blog Ranking http://blogranking.fc2.com/in.php?id=161749


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:運動の重要性
〇体の脂肪量が及ぼす影響

 脳の重量はせいぜい1.4キロ程度であり、体重60kgの人で2.3%くらいの重量くらいをしか占めていないことなります。
しかし、脳が消費している血液や酸素量は全体の15から20%程度をしめています。
 したがって、脳細胞が元気でいるためには酸素が十分に満たされており、血流が流れて脳内に良性なホルモンが分泌されている状態がもっとも活性化して、
最高最良の状態であるといえます。
 
 しかし、脳内でどれかひとつだけでも不足してしまうと、その影響は想像以上に体に大きな影響を与えます。
血流を阻害する血管の目詰まりは、ノルアドレナリンの分泌によって血管収縮が起き、血小板がこわれてカサブタ状になることが原因となっていますが、
脂肪の存在も大きな要因となっています。

 脂肪は人間が食べる食べ物のなかでもっともおいしく感じるものです。人間はおいしいものを食べると脳内に良性ホルモンがふんだんに分泌され、
その点ではプラスに働いているといえます。しかしその一方で血管の目詰まりの原因を作っています。

 しかしながら、人間は脂肪の摂取をやめることは容易なことではありません。我慢をしてやめると毒性ホルモンが分泌されてしまうからです。

 そこで、脂肪摂取を行いながら、血管の目詰まりを防ぐ手段が必要となってきます。

 その手段の一つとして筋肉をしっかりと保つことにより可能となります。

 それは脂肪が燃焼するのは筋肉の中であり、筋肉がしっかりしている人は脂肪を摂取しても、すぐに燃えてなくなります。
 しかし筋肉が少ない人は燃えないで体脂肪として蓄積されてしまいます。
 つまり、筋肉がしっかりついている人の方が脂肪蓄積量は少なくなります。

 それでは筋肉をたっぷりとつけていけばよいかというと、それはそれで大きな問題が出てきます。
通常筋肉をつけるためには、かなり激しい運動を行う必要が出てきます。しかしこのような筋肉をつける激しい運動は活性酸素の発生率を急激に高めます。

 したがって、筋肉がすでについている人はそれを落とさないようにすることで、ゆるやかな運動をすることで脂肪がどんどんと燃焼していきます。
筋肉を落とさない運動にはストレッチ体操など激しい運動を伴わないものにとどめておくことがもっとも有効的です。

 筋肉量が極端に少ないひとは体脂肪が多くても太って見えません。外見で太っていないからといって安心している人も多いですが、
血管の目詰まりは見た目とは関係なく襲ってきて成人病の危険性が高くなります。そのため長生きすることが困難となっていきます。
したがって、筋肉量の極端に少ない人は、パワートレーニングなどによって一定量の筋肉をつけておく必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © Life ~楽しい毎日を考える~ all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。