応援いただけると幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスカウンター


フリーエリア


交互リンク


管理人HP


フリーエリア

FC2 Blog Ranking http://blogranking.fc2.com/in.php?id=161749


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:体内機能
脳内でのホルモンの役割(情報伝達人)

 脳というのはホルモンの塊とも言えます。ホルモンというのは脳の中における情報伝達人であり、この物質が脳のあらゆる場所で分泌され、それによって脳が体全体に指令を送っています。
 そうすると体のほうでもおなじようなホルモンが分泌され、それによって情報を受け取った細胞が、その命令にそった行動をするのです。

 ホルモンとはこのように情報伝達物質ですが、人間が考えたり、行動したり、感じたりするためには、ホルモンが必要不可欠ということになります。
 現在ホルモンは数百種類程度知られていますが、まだまだ未知なものもたくさん存在しているものと考えられています。
 これらが解明されると脳のメカニズム等も現在よりももっともっと詳細となってくることでしょう。

 ホルモンはアミノ酸からできており、前頭連合野が刺激されて脳内に良性ホルモンがに脳内に分泌される物質も同じです。
 アミノ酸はタンパク質を合成する材料ですが全部で20種類あり、このうち8種類が体内合成できないため、必須アミノ酸と呼ばれています。
 この必須アミノ酸とは イソロイシン、ロイシン、バリン、リジン、フェニルアラニン、トリプトファン、メチオニン、スレオニンの8種類が必須アミノ酸となります。

 脳内に分泌される良性ホルモンのうちいちばん大切なのはチロシンであり、必須アミノ酸ではなくチロシンは残りの12種類に入っていますので体内に合成できるものとなります。
チロシン(図2)以外にも良性ホルモンは20種類程度知られています。

 一番簡単な構造の良性ホルモンはエンケフェリン(図1)で、これはチロシンを筆頭に5個のアミノ酸からできています。
 チロシン(図2)はの重要な神経伝達物質であるドーパミン(図3)、ノルアドレナリン(図4)およびアドレナリン(図5)の基本骨格を示す物質であり、事実これらの物質はチロシン(図2)より合成されます。また、覚醒剤であるメタンフェタミン(ヒロポン)、アンフェタミンもチロシン構造を持っています。

 良性ホルモンの中で最強の快感をもたらすのがβーエンドルフィンはチロシンを含む31個のアミノ酸からできています。
 チロシンというアミノ酸分子が二個以上集まると、自然界に存在する麻薬のモルヒネ(図6)になります。
 つまりこれだけ、脳内の良性ホルモンは麻薬のモルヒネと化学構造が似ているともいえるのです。

 チロシン(図2)というアミノ酸には、もともと麻薬的な性質があります。しかしアミノ酸単独ではすぐに燃えてしまうため、少し分子量が大きいペプチド形態をとっています。
βーエンドルフィンは31個のアミノ酸から出来ていますが、アミノ酸5個単位程度でそれぞれ別々の役割を持っています。
 最初の5個はエンケファリン(図1)とまったく同じ構造であり、次のα-へリックス構造は免疫力を高めるはたらきがあります。
 その次の部分はβ-エンドルフィンを安定化させ活力を失わせないような働きをしており、残りの部分は現在まだ解明されていませんがレセプターのような働きをしていると推測されています。

 このレセプターの働きは心の領域に影響を与えるだけではなく、体の反応にも密接な関係をもっていると考えられています。
この良性ホルモン成分は心と体を結んでいるともいえるのです。

 このように脳内で分泌される良性ホルモンは、いろいろな役割をもっており、β-エンドルフィンもたんに快感をもたらすだけでなく、免疫力の向上、記憶力の強化、忍耐力の創生といういろいろな働きを導き出してくれます。

上記の良性ホルモンはプラス思考の場合に分泌され、高い欲求レベルが高いほど脳内に分泌される良性ホルモンも増していくのです。
つまり、人間のもっとも重要で高等な脳である前頭連合野が刺激されて脳内に良性ホルモンが分泌されるときに限り、この負のフィードバックがなぜか働かず、どんどんと良性ホルモンは分泌されるのです。
kouzou

スポンサーサイト

テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体

コメント

はじめまして

専門的で、でもとっても見やすいブログですね。
これからも宜しくおねがいいたします。
リンクさせていただきました。

こんばんは。ご無沙汰しちゃいました。
脳内ホルモン,色んなことに影響しますね。
うつも,一説によると脳内ホルモンの伝達の問題とのことですね。。。

HUriko さんへ

こんばんは、このたびは私のブログを見に来ていただきまたコメントまでいただき、さらに交互リンクまでいただけるとのことで本当にありがとうございました。

現在のストレス社会を楽しく過ごしていく提案ができればなって思っています。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

ひろさんへ

こんばんは。
脳内ホルモンはとても興味深く、
心と体に影響しているようです。
私もまだまだ勉強中な領域なので、
もっともっと知識を深めていきたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © Life ~楽しい毎日を考える~ all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。