応援いただけると幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスカウンター


フリーエリア


交互リンク


管理人HP


フリーエリア

FC2 Blog Ranking http://blogranking.fc2.com/in.php?id=161749


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ダイエット
グルメな人でも太らず筋肉をつける

 グルメをしながらも太らずに筋肉を付ける方法があります。
それは寝るときに楽しいことを考えながら、よい瞑想に入ることです。
楽しいことを考えるというのは、一種の瞑想状態になり、そのときには脳波がα波になり、体がリラックできます。

 瞑想状態で睡眠に入ると、体内から成長ホルモンが出てきます。
 子供がよく育つといいますが、成長期ばかりの話ではありません。大人でも成長ホルモンはでているのです。
 大人の場合にはいくら成長ホルモンが出ても、身長までは伸ばしてくれませんが、筋肉は太らせることができます。

 成長ホルモンはおきている間でも出ていますが、ほんの少ししか出ておらず、ほとんどは睡眠中にでています。
 おきている間に成長ホルモンを出すためには、瞑想することでだすこともできます。食後に瞑想することで、血液がさらさら流れ、筋肉内の血流が増えてきます。

 成長ホルモンが出ていると、運動をしなくても筋肉を付けることができ、運動を行う手段意外にも、睡眠や瞑想によってα波が出ている状態をつくる
ことで、このようなことが起こります。

 また、α波で興味深いのは血糖値を抑える力もあることです。血糖を高くするホルモンにはグルカゴンというものがあります。
これに対して、血糖を低くする成分としてはインシュリンがあります。

 血糖値を上げるグルカゴン成分が分泌される際には、その前に必ず分泌される成分があることが分かっています。

 もし、イライラしたり怒ったりしたとするとノルアドレナリンがまず分泌され、その後にグルカゴンが出てくることで血糖値が高くなってしまいます。

 食事の後、直後に興奮するような出来事があるとノルアドレナリンが分泌され、次にグルカゴン成分が出てきて血糖値がぐんと上がってしまいます。このようなことをくりかえしているとどんどんと太っていってしまいます。

 上記のことから、もっとも手軽に健康的に過ごしていくためには瞑想はとても重要なキーワードとなってきます。
食後に脳内に良性ホルモンをふんだんに分泌させることにより血糖値が下がり、脂肪がよく燃焼し、成長ホルモン分泌によって筋肉までもついてくるという
良いサイクルを形勢することができることがわかります。
スポンサーサイト

テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ダイエット
やせるためには

 男女問わず『やせたい』と思う方もおおいことでしょう。肥満が成人病のもとであることを考えれば、『やせたい』と願うことは決して悪いことではありません。
 しかし『やせたい』と思ってもどのように行ったらよいのかが分からない方も多いことでしょう。
 世の中にはたくさんダイエット方法や商品がならんでいますが、『やせる』ことの本質的なところはどのようなことなんでしょうか。
 『やせる』ために、運動を行い、運動を行うことで脂肪を燃やせると端的に考えるのは、誤解があります。
 筋肉をつける運動と脂肪を燃やす運動とはまったく種類がことなります。
 筋肉を付ける運動はパワートレーニングで、重いバーベルなどを上げたりするのがこれにあたります。
 これに対してジョギング、ウォーキングなどのように運動としては軽くても長い時間かけて行う運動が脂肪を燃やす運動にあたります。
 脂肪を燃やす運動に激しい運動はなぜはいらないのでしょうか。これは脂肪が燃えるためには酸素がタップリと必要となりますが、激しい運動では、運動のために酸素がとりいれられるため、脂肪が燃えようがないことになります。
 したがって、短時間で激しく行う運動では脂肪はまったくといっていいほど燃えることはありません。
 脂肪防止が目的の場合には、つらい運動などはやりすぎない方がよく、激しい運動による活性酸素の悪影響の方が大きくなってしまいます。

 それでは脂肪を燃焼させるためにはどのような運動をおこなったらよいのでしょうか。
 それはいい呼吸を行いながら、楽な運動を長時間行うことこそがもっともよく、酸素がたっぷりと供給され、脂肪はどんどんとい燃焼されていきます。

 その中でも、脂肪を燃やす運動としてお勧めなのが、「ウォーキング」です。
 ゆるやかな運動を行うことで、脳内に良性なホルモンが分泌されます。これが運動そのものを心地よく感じさせてくれます。
 食事をして少し休憩してから「ウォーキング」にでかければ、おいしいものを多少食べ過ぎても、脂肪はどんどんと燃焼してくれます。

 「ウォーキング」の量は一日トータルで一万三千歩が適量領域とされています。日常的にもあるいているので「ウォーキング」として行うのは八千程度でよい場合もあります。ここのライフスタイルによって大きくかわるため、万歩計などで一度一日の合計量を算出してみるのもよいでしょう。
 自分自身は歩いているつもりでも、意外とあるいていないこともあります。まずは、自分のことを知ることが重要なのです。

 しかし問題は、わかっていてもなかなか現実的にはこまめに実行できないことにあります。しかし、人が見ているとか、人が喜んでくれるとは、他人のためになると考えると頑張ることができ、快感にもなってきて一生懸命行うことができます。
  もちろん自分のためでもありますが、好きな人や家族のため、子供のためなど目的を決めることもよいでしょう。
 あなたが健康でいられることを喜んでくれる人は周りにいるはずです、大切な命なのですから。

テーマ : 小さな幸せ - ジャンル : 心と身体

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:考え方
年齢に適した適度な運動とは?

 若いうちは過酷で激しい運動をおこなっても問題はありませんが、それを行うのも25歳程度までにしておき、それ以降は過酷な運動はさけた方がよいでしょう。
本ブログで紹介させいていただいておりますが、25歳以下であれば激しい運動時に発生する活性酸素を中和するSODがたっぷりと分泌されますが、25歳以上となってくると活性酸素の割合が増えてきて体に害を与えるからです。

 では、25歳以上の人はどのように筋肉をつけていけばよいのでしょうか。
 私が推奨するのは、ストレッチ運動です。
 筋肉には筋緊張性繊維といわれるものが存在しており、脳の視床下部というところにつながっています。
この筋肉が刺激されると、脳内に良性ホルモンが分泌されてよい気持ちとなることができます。運動すると幸福感に満たされるのはこの筋肉を使用しているからです。

 この筋肉をギュッと伸ばすことで、骨の中に血流を豊富に流し込むが出来、骨の老化を防ぐことができ、骨粗しょう症などにとても効果的です。

 ストレッチ運度は間接を動かさず、筋肉の緊張をましていきます。ストレッチ運動は準備運動的なウォーミングアップであり、この運動を終えたら筋肉を鍛える本格的な運動に入るといいでしょう。
筋肉をつけるにはパワートレーニングが必要となってきます。

 筋肉というのは一定の負荷をかけなければつかないのですが、負荷がかからなければ効果がありません。
 逆に負荷がかかりすぎると活性酸素の影響が大きくなってくるので注意が必要です。
 この最適パワートレーニングには最高心拍数を算出することでわりだすことができます。
 
 男性=209-(0.69×年齢)×(60~75)/100
 女性=205-(0.75×年齢)×(60~75)/100 

 65~75の欄にはどれだけ筋肉を鍛えたいかや個人差によって変更して算出してみましょう。
 この値が大きくなれば負荷が増えることになりますが、あまり負荷をかけすぎると活性酸素の悪影響が増してきますので注意しましょう。
 あくまで血流をよくして脂肪の毒を受けないようにするために実施していることを心にとどめておきましょう。

 

テーマ : 健康&美容とくとく情報 - ジャンル : 心と身体

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:考え方
・運動の後に疲れを残さないためには

 運動を行った後に疲れがどっとでてしまうことや、次の日まで疲れが残ってしまうときがあることでしょう。
これは運動の行い方を少し変えるだけで、取り除くことができます。
ちょっとした気遣いで疲れを残さなくすることができるのです。

 激しい運動などを行った際には、血流が増加しますが、急に運動をやめてしまうといままで順調に流れていた血流が酸欠状態になってしまいます。
これは酸素負債という現象であり、運動しているときには酸素を余分に使っているのですが、急にやめてしまうといったん血流がとまって再び流れ出すという現象と同じことが行われ、
過剰な活性酸素が発生されています。

 野球のピッチャーも登板した翌日は肩が上がらないほど疲労するといいます。これは投げ終わったあとに急にやめてしまうから起こる現象であり、
投げ終わった後に軽いピッチングを行って少しずつ血流を落としていけば、それほどひどい疲労感は残らないはずなのです。
 
 運動を行った後に急にバタンとやすんでしまうのではなく、翌日に疲労感が残らないようにゆっくりと運動をやめていくことが重要なのです。

テーマ : 美容と健康 - ジャンル : 心と身体

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:考え方
先日の記事でも激しい運動は25歳までにの中でも紹介させていただきましたが、
筋肉をどのようにつけていくかはとても大きな問題です。
 運動をして筋肉を付ける場合には、エネルギーを大量に必要とし、エネルギーを発生する際には毒となる活性酸素も発生します。
 活性酸素をいかに少なくしながら、筋肉を付けていくかがとても重要なキーワードとなっています。

 いったん血流がとまって再び流れ出すさいに活性酸素がもっとも発生します。毛細血管あ血球1個がなんとか通過する太さですが、
血管ギュット収縮すると一瞬血流がとまります。しかし心臓は血液を送り続けますので、またすぐに流れ始めます。その際に大量の活性酸素が発生します。

 活性酸素は細胞を直撃し遺伝子さえ傷つけてしまいます。その結果ガンとなったり、血管内を傷つけられ炎症を起こしたりします。

 血流はさらさらとリズミカルに流れていることが必要であり、怒りっぽい人が短命で、おだやかな人が長命なのはこのような現象の差異ともいうことができます。

テーマ : こころ - ジャンル : 心と身体

| BLOG TOP |

copyright © Life ~楽しい毎日を考える~ all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。