応援いただけると幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスカウンター


フリーエリア


交互リンク


管理人HP


フリーエリア

FC2 Blog Ranking http://blogranking.fc2.com/in.php?id=161749


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:考え方
・激しい運動は25歳までに

 肥満ぎみとなってしまったらどのようにしたらよいのでしょうか。
脂肪を取りながらも健康になるためにはの記事の際にも紹介させていただきましたが、
肥満となる原因としては筋肉量が減ったために起こっているために、筋肉を付ければよいことになります。
しかし、筋肉を付けようとするとエネルギーを必要し、エネルギー消費の際には毒性のたかい活性酸素がでてきてしまうため、
これをしっかりと中和する必要があります。
25歳くらいまでの若い人には活性酸素が発生するさいには、SODという成分が同時に生成され、しっかりと中和することができます。
しかし、25歳以上の人は脳の発育がとまり、SODの生成・蓄積力が若い人と比べて非常に低下してしまします。
 そのため、筋肉を付ける際に体を鍛えるのであれば、脳の発育中の若い頃がもっともよく、若ければ激しい運動による活性酸素が生成されても平気ということになります。
この時期に十分な筋肉をつけて、あとはその筋肉を衰えさせないようにすることが最も重要となってきます。

 しかし、脳の発育がとまる25歳以上の人がもう体を鍛えることができないかというと、決してそんなことはありません。
脳の若さを保つためには、脳内の良性ホルモンを十分に分泌させればよく、良性ホルモンの働きにより活性酸素の毒を中和しながら体を鍛えれば問題ありません。
 したがって、なるべく過激な運動は避けて、脂肪を燃やすためのゆるやかな運動をするといいでしょう。
 ゆるやかな運動であれば脳内の良性ホルモンも分泌されやすく、活性酸素の害も中和してくれます。
スポンサーサイト

テーマ : こころ - ジャンル : 心と身体

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:考え方
はじめに

 現代人は社会生活を営む上でストレスと常に向き合っています。
 ストレスは適量の際には人生のほどよいスパイスであり、問題はありませんが、過剰なストレスは疲労感、うつ(鬱)、成人病などさまざまな不具合を引き起こします。
 ストレス起因の疲労感、うつ(鬱)、成人病等に立ち向かうためにはどうしたらよいのでしょうか?

 私自身強いストレスを感じ、体調を崩した経験があります。
 友達や同僚、家族に相談してもなかなか分かってもらえず、心配はしてくれ励ましてはくれますが、具体的な解決方法を導きだすのにとても苦労をしました。

 しかし、いまでは考え方・捉え方を変え、運動、食事、瞑想を行うことによりストレスが半減しました。
 同じような悩みを持っている方々に、本ホームページが少しでもお役に立てれば幸いです。

テーマ : こころ - ジャンル : 心と身体

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:考え方
脂肪を取りながらも健康になるためには

 先日の記事にて、人間は往々にしておいしい物をついつい食べ過ぎてしまう傾向にあることを紹介させていただきました。

 本能的においしいものを求めているので、常に意識をしていないと制御が利かなくなってしまいます。人間の体は脂肪を取りすぎ毒となりつつあっても、次においしい物をたべる際に食べてはいけないというサインを送ってはくれません。
 
 また、意識はしていても人間は自分には弱いもので、今回だけは問題ないかなっとか、次から気をつけようなどと考えてついついまた食べ過ぎてしまいます。脂肪の取りすぎを摂生することは容易なことではないのです。

 しかし、おいしいものをただ我慢するだけでは、その行為にストレスを感じてしまい、老化を早めたり成人病になってしまってはなんにもなりません。
 
 このような場合には、筋肉をしっかりとつけることにより解決の糸口を見出すことができます。
 筋肉がしっかりとあれば、脂肪は酸素と結びつき完全に炭酸ガスと水へと分解してくれます。

 したがって、筋肉量が多ければ脂肪の毒にやられることはないのです。中年の人に肥満が多いのは食べる量は同じなのに、筋肉量だけが減っているためにバランスが崩れ、肥満となっていることがおおいのです。

 筋肉は体の形を作り、体を動かす上でとても重要な働きを持っています。また、筋肉はそれ以外に血液循環をよくする効果ももっており筋肉は『第二の心臓』とも呼ばれているほどです。

 

テーマ : 日常 - ジャンル : 心と身体

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:運動の重要性
脂肪と病気の関係

 成人病というのは、原因のほとんどが脂肪がからんでいるといっても過言ではありません。

 ストレスと脂肪、この二つが重なった場合には病気にとてもなりやすい環境下におかれていることになります。

 しかしながら、現代社会はこの二つが非常に簡単に共存し、たまってしまう状況となっています。

 自然界で食べすぎで死んでしまうのは、人間・家畜・動物園の動物以外にはいないことでしょう。

 家畜も動物園の動物も人間の管理下にあるわけですから、すべてにおいて人間が関与していることになります。
 
 本能としてどうしてもおいしいものを食べたくなるのが人間の欲求にあるかぎり、自分では自覚し分かっていながらもついつい食べすぎてしまいます。

 食べた後にどれだけ反省しても、食べた分を取り消すことはできません。
 
 人間がおいしいと感じる食べ物にはより多くの脂肪が含まれており、いわば脂肪の毒によって死にいたっているのです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:運動の重要性
〇体の脂肪量が及ぼす影響

 脳の重量はせいぜい1.4キロ程度であり、体重60kgの人で2.3%くらいの重量くらいをしか占めていないことなります。
しかし、脳が消費している血液や酸素量は全体の15から20%程度をしめています。
 したがって、脳細胞が元気でいるためには酸素が十分に満たされており、血流が流れて脳内に良性なホルモンが分泌されている状態がもっとも活性化して、
最高最良の状態であるといえます。
 
 しかし、脳内でどれかひとつだけでも不足してしまうと、その影響は想像以上に体に大きな影響を与えます。
血流を阻害する血管の目詰まりは、ノルアドレナリンの分泌によって血管収縮が起き、血小板がこわれてカサブタ状になることが原因となっていますが、
脂肪の存在も大きな要因となっています。

 脂肪は人間が食べる食べ物のなかでもっともおいしく感じるものです。人間はおいしいものを食べると脳内に良性ホルモンがふんだんに分泌され、
その点ではプラスに働いているといえます。しかしその一方で血管の目詰まりの原因を作っています。

 しかしながら、人間は脂肪の摂取をやめることは容易なことではありません。我慢をしてやめると毒性ホルモンが分泌されてしまうからです。

 そこで、脂肪摂取を行いながら、血管の目詰まりを防ぐ手段が必要となってきます。

 その手段の一つとして筋肉をしっかりと保つことにより可能となります。

 それは脂肪が燃焼するのは筋肉の中であり、筋肉がしっかりしている人は脂肪を摂取しても、すぐに燃えてなくなります。
 しかし筋肉が少ない人は燃えないで体脂肪として蓄積されてしまいます。
 つまり、筋肉がしっかりついている人の方が脂肪蓄積量は少なくなります。

 それでは筋肉をたっぷりとつけていけばよいかというと、それはそれで大きな問題が出てきます。
通常筋肉をつけるためには、かなり激しい運動を行う必要が出てきます。しかしこのような筋肉をつける激しい運動は活性酸素の発生率を急激に高めます。

 したがって、筋肉がすでについている人はそれを落とさないようにすることで、ゆるやかな運動をすることで脂肪がどんどんと燃焼していきます。
筋肉を落とさない運動にはストレッチ体操など激しい運動を伴わないものにとどめておくことがもっとも有効的です。

 筋肉量が極端に少ないひとは体脂肪が多くても太って見えません。外見で太っていないからといって安心している人も多いですが、
血管の目詰まりは見た目とは関係なく襲ってきて成人病の危険性が高くなります。そのため長生きすることが困難となっていきます。
したがって、筋肉量の極端に少ない人は、パワートレーニングなどによって一定量の筋肉をつけておく必要があります。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:心の病気 症状と障害
心の病気に見られる症状と障害

◇知能に関する症状・障害
 本来なら年相応に発達しているはずの知能(知識や記憶、表現力、判断力、思考力など)が、正しく発達していない場合を精神遅滞といわれます。
生まれつき脳のある領域の器質的障害のため知能が発達しない場合もあれば、後天的に脳が損傷されて知能低下が起こる場合もあります。
この知能低下が加齢による場合が痴呆と呼ばれています。

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:心の病気 症状と障害
心の病気に見られる症状と障害

◇意識に関する症状・障害
 意識がはっきりしていて周囲の状況を把握できるなら正常となりますが、日時や場所がわからなくなる失見当た、意識の喪失、混濁などがあれば、
異常と考えられます。
 常に不安を感じたり、何か行動していても本人はそのときの意識がなく、後で聞いても記憶していなかったりすることもあります。

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:語句説明
βーエンドルフィン

 この脳内伝達物質は2つのグループにより発見されました。
偶然にもこの2つのグループは同じの1975年に発見しており、
①イギリス人のジョン・ヒューズ博士(John Hughes)とHans Kosterlitzがブタの脳よりエンケファリン(脳内麻薬の一種)を発見。
②アメリカ合衆国のRabi SimantovとSolomon H. Snyderは、仔牛の脳から同様の物質を発見。

 Roger Guilleninらも豚の視床下部、脳下垂体などからモルヒネ様物質を抽出し、3種類があることを明らかとしている。

 その3種類のエンドルフィンは、α型(アミノ酸16)、β型(アミノ酸31)、γ型(アミノ酸17)があり、β型(アミノ酸31)が最も活性が高く、
もっとも強力な鎮痛作用を示すことが明らかとなっています。
(αおよびγ体は、β-エンドルフィンの代謝物)

 βエンドルフィンは、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)などと同一の前駆物質であるプロオピオメラノコルチン(POMC)に由来し、
このPMOCは、視床下部のアーチ状核と下垂体腺において発現さています。

 μ受容体に作用し、モルヒネ様作用が作用することでストレスなどの侵害刺激により生成されて鎮痛、鎮静に働きます。
それ以来、現在までにβーエンドルフィンを含む約20種類の脳内麻薬が発見され、一番強力なものはモルヒネの6.5倍の効果といわれています。  

 アミノ酸配列構造は一次構造であり、下記のようになっています。
Tyr-Gly-Gly-Phe-Met-Thr-Ser-Glu-Lys-Ser-Gln-Thr-Pro-Leu-Val-Thr-Leu-Phe-Lys-Asn-Ala-Ile-Ile-Lys-Asn-Ala
-Tyr-Lys-Lys-Gly-GluOH (Fries, 2002)

テーマ : 薬・医者・病院等 - ジャンル : 心と身体

| BLOG TOP |

copyright © Life ~楽しい毎日を考える~ all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。